情弱思考とは。考えるとは。

NO IMAGE

こんにちは。初めましてはまやんと言います。

今回はよく考えている人と考えない人の違いを話していきます。

動画とか本とかなんでもいいんですけどそれを読んだ時何を考えるかって言うのが一番重要なんですよね。

私がめっちゃ好きなブロガーがいるんですけどなんでこの人って、ブロガーの人ってこんな面白くて引き込まれる文章が書けるんだろうなってふと思ったんです。

それで自分なりのフィルターを持ってるからじゃないかって考えました。
自分なりに情報を噛み砕くことで価値のあるコンテンツが生み出されるんだと。
価値のあるコンテンツ、魅力的なものとは個人の持つフィルターをもとに生み出されるんだって思いました。

これをさらに発展させると
なぜ自分はこの思考ができたのだろうかという疑問が浮かびました。
記事を読んだだけでは面白いなで終わっていたと思います。それは私のもともと持っている知識との結びつけが行われたからだと考えました。ちくりんと言うブロガーの本で書かれていた自分なりのフィルターを持つ大切さと、大学で作品作る時に習ったfakeとかかがみとか物のもつ意味、例えばかがみは人を映すけどそんな風に自分のかがみで人は他人を映して不完全に捉えてるんだとかの視点が関わっていたんだなって気付きました。

話はちょっと変わるんですけど物を考えるときって3ワードで考えるといいんですね。メンタリストのDaiGoが紹介していた方法です。ノートとるときとかアイデア出すときとかなんでもいいんですけど3ワードでまとめるってめちゃくちゃ重要なのでちょっと知っておくと間違いなく役に立ちます。

本題に戻ると、要するに私がいいたいのは、思考体験の重要さです。

ここまで考えたことで「ああ、だからいろんな方向から見ることが大切なんだ。」と自分の中に落とし込めるんです。あらゆることで本質は大切なんですがただ本質を教えてもらうだけじゃなくて自分なりに気づくことがとても重要なんです。

今回私は思考について考えたのですが他のフィルターを持って見たらもっといろんな本質を発見できるんじゃないでしょうか。それってすごく楽しいことじゃないですか。逆にいわゆる情弱と言われる人って思考が発展しないから薄っぺらいし他の方向から見ないから騙されるんです。

考えるってそんな難しいことじゃなくてちょっと組み合わせてみるだけなんだっていうことが大切だと思います。