新型コロナワクチンを打たないことにした

  • 2021.07.10

新型コロナワクチンを打たないことに決めた。元々ニュースや政府広報などを見る中でワクチンを打つべきだと思っていた。だが、アビガン やイベルメクチンなどmrnaワクチン以外の選択肢が報じられる中でファイザー、モデルナ、アストラゼネカ各社についてあまり調べていないことに気づいた。調べた結果ワクチンを打たないことにしたのだが、理由は2つある。 1つ目はファイザー 社の過去の不正からファイザー 社が私にとっ […]

著作権の侵害はどんなケース?知らないとヤバすぎ!

  • 2021.06.22

親告罪って何? 依拠しているかどうか、例えば楽曲の制作やスイカの写真の件で。楽曲の制作では既存の楽曲と類似してしまうことは稀だと判断され依拠していないと判決が出た。スイカの写真では、雑誌を読んでいるなど作品に触れておりスイカの蔓や葉、下地の青など偶然類似したと考えづらいため著作者人格権の同一性の保持と複製権の侵害に当たると判断された。「依拠」の他人の著作物にアクセスし利用したかのアクセスし利用する […]

著作隣接権を紹介!

  • 2021.06.15

著作権の中でも、細かいけど大切な著作隣接権を紹介! これを見終わったら、著作権の全体が掴めるよ!難しいイメージを取り払っちゃおう! そもそも著作隣接権とは 著作隣接権は著作権より弱いけど、著作物を演奏したりレコーディングしたりする人にも価値を認めて保護しようとする権利なんだ。 これは著作者人格権と同じで「無方式主義」、つまり行為を行った時から生まれる権利。これから紹介する、実演家、レコード製作者、 […]

著作権〜私的利用とその制限〜

  • 2021.06.15

著作権法は無断複製を禁止し、文化の発展を図るための法律だ。著作権の利用を私的利用などの形で認める一方で、制限を加えて著作者の利益を守る必要もある。昨今、コロナにより著作物の教育目的での利用が増えている。 著作物の正しい利用の範囲について考える必要がある。 本の自炊について 「本の自炊代行」が著作権法違反かどうか争われた件について見ていく。結論、「本の自炊代行」は著作権法違反になった。その理由はなぜ […]

著作権の持ち主は誰?会社員だと会社のもの!?

  • 2021.05.11

今回は、著作権で争われる創作者とは誰かという問題に迫っていく。会社など組織での創作物の場合や本の帯など著作者が複数いる場合にはどうなるのだろうか。詳しく迫っていく。 そもそも創作者とは 「事実行為によって創作行為をした自然人」が創作者である。だから、チンパンジーやゾウが描いた絵や法人による著作物は当てはまらないことになる。 共同創作者の場合は? 本に複数の著作者がある場合や、著作者が長年わからなか […]

日本の現代演劇の元

  • 2021.05.05

日本現代演劇はどう作られた?日本近代演劇の祖 川上音二郎川上音二郎のやる壮士芝居が現代演劇のもととなっていった。川上音二郎ってどんな人?川上音二郎はオッペケペー節で人気を博した、舞台俳優です。元々警察官だった彼、世間への不満をぶちまける活動を繰り返し数百回は逮捕される問題人物。そんな彼ですが当時の日本で主流であった歌舞伎などの背景がない人物。だからこそ、日清戦争の芝居など西洋演劇のリアリズムを強く […]

著作権の具体的な使われ方

  • 2021.04.27

今回は、著作権の使われ方について迫っていきます! 著作権は「思想又は感情が表現されていて創作性が認められるもの」とあるけど、具体的に何がOKなのかわからないですよね。 なので、改めて著作物とは何か?について迫りながら具体的に何が当てはまるか迫っていくよ! 思想と感情が含まれているとは 夏目漱石の吾輩は猫であるの文の形やピカソの画風など独自の表現を真似した小説または絵画を描いたとして著作物と認められ […]

楽しく芸術を学ぶの回〜パフォーマンスに物語は必要じゃない!?〜

  • 2021.04.21

パフォーマンスには必ずしも物語があるんじゃないよ!っていうことを今回は説明していく。 そもそもコンテンポラリーダンスとは コンテンポラリーダンスとはなんだろう。ROSASというダンサー集団がいて、その集まりは1980年代から、コンテンポラリーダンスをしていた。 ベルギー・ブリュッセルを拠点に、30年以上の長きにわたり世界のコンテンポラリー・ダンス界をリードして いるカンパニー「ローザス」はすごい。 […]

 著作権法とは

  • 2021.04.16

著作権とは知的創造物に関する権利の一つである。そもそも知的財産権という大きな枠組みがあり、その中で著作権が含まれる知的創造物、作った物を守る権利と商標権などマーク、印を保護する権利の二つに分けられる。 産業財産権という、著作権、意匠権(デザイン)、特許権、実用新案権の4つの権利の内の一つ。 情報通信産業だけでなく、農業、水産業など第一次産業でも知的創造物に関する権利は用いられる。 著作権の歴史につ […]

情弱思考とは。考えるとは。

  • 2020.11.17

こんにちは。初めましてはまやんと言います。 今回はよく考えている人と考えない人の違いを話していきます。 動画とか本とかなんでもいいんですけどそれを読んだ時何を考えるかって言うのが一番重要なんですよね。 私がめっちゃ好きなブロガーがいるんですけどなんでこの人って、ブロガーの人ってこんな面白くて引き込まれる文章が書けるんだろうなってふと思ったんです。 それで自分なりのフィルターを持ってるからじゃないか […]